Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 2 Spartan Education Editionの使用方法
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

キーボードの機能

以下に示すキーを用いることで様々な機能を制御することができます。

3 三次元立体画像に切り替える。もう一度3を押すと通常のモードに切り替わる。
Page Up,
Page Down,
Home, End
画面上に展開している分子リストをPage Upキーでリストの上へ、Page Downキーで下へ、Homeキーでトップへ、Endキーで一番下へ移動する。また、Outputウインドウでもこれらのキーは同じ様に働きます。
Insert Buildモードでのみ使用可。モデルキットパネルから次に挿入するフラグメントを選択し、Insertキーを押しながら画面をクリックします。
Delete Buildモードでのみ使用可。フラグメントの削除を行います。Deleteキーを押しながらフラグメントを選択します。警告のメッセージを出しませんので注意が必要です。これはグラフ表示や、矢印等のオブジェクトを消す時にも有効です。