Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 6 Geometryメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

Measure Distanceはユーザが定義した点(このChapterのDefine Pointの項を参照)やユーザが定義した面(このChapterのDefine Pointを参照)などを含んだ角度も測定することができます。三つの原子が同一の環の中に含まれない場合、“Angle(A、B、C)=”などと表示された右側のボックスの中の値を変えることによって簡単に角度を変えることが出来ます(値を変更した後return keyを押す必要があります)。

ここで指定した角度は、最適化した時には保持されません。もし保持したまま最適化したい時には、Constrain Angleを使用する必要があります。

Measure Dihedral ()

これを選択すると四個の原子がなす二面角、あるいは三本のつながった結合の二面角を(度単位で)を測定、表示することができます。二面角は最初に指定した三個の原子(または最初に指定した二本の結合)と後に指定した三個の原子(または最後に指定した二本の結合)によって生じた面どうしの角度として定義されます。Measure Dihedralは二面角を設定するためにも使用することが出来ます。また、Measure Dihedralを選択すると画面の左下にメッセージが表示されます。

原子を4つ、つながった結合を3つ、もしくは拘束条件をクリックすると以下のような表示が、画面右下に表示されます。

Measure Dihedralはユーザが定義した点(このChapterのDefine Pointの項を参照)やユーザが定義した面(このChapterのDefine Pointを参照)などを含んだ二面角も測定することができます。三つ以上の原子が同一の環の中に含まれない場合、“Dihedral Angle(A、B、C、D)=”などと表示された右側のボックスの中の値を変えることによって簡単に角度を変えることが出来ます(値を変更した後return keyを押す必要があります)。

ここで指定した二面角は、最適化した時には保持されません。もし保持したまま最適化したい時には、Constrain Dihedralを使用する必要があります。