Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 7 Buildメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

“原子フラグメント”はアイコンの上にカーソルを合わせてクリックすることで選択されます;選択されたアイコンは強調され、その構造がモデルキットの上に表示されます。一度選択されると、原子フラグメントは作成の開始(スクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造へ独立したフラグメントを追加するため(画面右下のInsertを押してまたはキーボードのInsertキーを押してからスクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造に追加するため(フリーバレンスの先端をクリックして下さい)に使用されます。結合タイプ、即ち一重、二重、三重あるいは芳香族の選択、多重結合タイプの原子フラグメントの場合、例えばsp2炭素では自動的に選択されたフリーバレンスの性質に依存します。

Entryモデルキットの中からアクセスできる3つのメニューからフラグメント集にアクセスできます。これらは官能基や環、ユーザが指定したクリップボードなどから事前に構築した構造を入力できます。

(i) Groups
 

官能基のメニューをクリックしてGroupsの右側に入ると官能基を使うことができます。選択するとグループ名がメニューに置き換わり構造の絵がモデルキットパネルの上部に表示されます。組み立てたいものをもう一度選択して下さい。グループ名がフルメニューに置き換わり、その構造がモデルキットの上部に現れます。

このグループは作成の開始(スクリーン上のどこかをクリックして下さい)、画面上にある構造へ独立したフラグメントを追加したり(画面右下のInsertボタンもしくはキーボードのInsertキーを押してからスクリーン上のどこかをクリックして下さい)、画面上の構造にフラグメントを追加する(フリーバレンスの先端をクリックして下さい)ために使用されます。