Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 8 Setupメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

SetUpメニューからSurfaceを選択すると以下のようなダイアログが現れます。

ダイアログ上部にあるボックスは後で計算するグラフィックス(Surface)を識別するのに使用します。ダイアログ下にあるAddボタンを押すと、新しく作成したいグラフィックス(Surface)を指定できます。クリックすると以下のような2つのメニューをもった2番めのダイアログが表示されます。



(i) Surface
  作成可能なSurface種類がプルダウンメニューで表示されます。
 
 

利用可能なできる表面は分子の大きさを再現するように選ばれた値で等値面として描かれる全電子密度(density)、共有結合の場所を示す(Density(bond))、分子軌道(HOMO{-}, HOMO, LUMO, LUMO{+})、静電ポテンシャル(potential)、およびスピン密度(spin)です。“HOMO{-}”か“LUMO{+}”を選択すると次に示すようなもう一つのボックスが表示されます。