Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

 

X Axisメニューと“Y Axis”リストは、Add Plotダイアログの機能と重複しています(この章の後ろで説明します)。これらはグラフのX軸に設定する分子のプロパティーおよびY軸に設定する一つ以上の分子のプロパティーを設定するために使われます。必要な項目を選択することで(X Axisメニューから新しいプロパティーを選択し、“Y Axis”リストからプロパティーを追加または削除することによって)初期設定を変更することが出来ます。

さらにX軸の設定値(プロパティーの最小値から最大値)は“Range”の下のボックス内の値を変えることにより変更することができます。これらを変更するとすぐに表示されているグラフが変わります。

グラフの目盛りの範囲を変えることができます。Rangeの下の欄に数字を入力すると2つの欄のそれぞれに数字を入力したらEnterキーをそれぞれおす必要があります。その他、グラフ表示の設定変更はTICSは目盛りの数、Label SizeはX軸の文字サイズ、Precisionは目盛りの数字のケタ数を変更することができます。