Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

表示されたスプレッドシートは(リスト中、個々の分子に相当する)列と(リスト中でプロパティーの種類に相当する)行が罫線によって分割された“セル”からなります。このスプレッドシートはマウスをスプレッドシートの右下のコーナーにあるに置き、マウスの右または左のどちらかのボタンを押しながら動かすことによって広げたり縮小することができ、必要な全ての情報を表示させることが出来ます。

Listの中から一つだけ分子を選択することができます。選択するにはSpredsheetの分子の名前のセルをクリックします。または画面左下のスクロールバーや()、()ボタンも使用できます。また()ボタンを押すとListの分子がぱらぱらマンガの要領で次々に表示されアニメーション表示として見ることができます。特定の分子(Listのメンバー)を選択すると以前に選択されていた分子の選択が外れます。しかし画面から選択がはずれた分子も表示する方法があります。名前の後ろのチェックボックスをクリックしておけば、選択の有無に関わらず画面にモデルが表示されます。このようにしても他の分子を選択すると、以前選択された分子の選択ははずれます。(でもチェックをしておいた分子は選択がはずれても画面に表示されたままになります)Listに属す分子モデルはまとめて、または単独で回転させたり、平行移動の操作ができます。この切り替えの制御はModelメニューのCoupledによって行います(Chapter 5参照)。

初期状態では分子の“名前”を含む一番左の列を除いてスプレッドシート内の全ての列は空白です。データーは次に示す方法のどれかで入力することが出来ます。

(i)

Addダイアログからの分子プロパティー。多くの重要な分子プロパティーはスプレッドシートの下にあるAddをクリックすることによってスプレッドシート内に簡単に入力することができます。これを選択すると次のようなAddダイアログが表示されます。