Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

 
“Totals”,“Averages”そして、“Correlations”などのエントリー(Summariesタブをクリックすると現れます)をクリックして、EnergiesまたはLengthから単位系を指定してOKまたはApplyボタンを押します。その結果、Spreadsheetの最下段に合計、平均、回帰係数の情報が表示されます。SummariesダイアログはSpraedsheetの最下段の下の空欄の行のヘッダーのセルをクリックしてAddボタンをクリックすると直接開きます。
(ii)

数的データの直接入力。数的データはスプレッドシート内に直接打ち込むことによって入力することができます。最初に各列の見出しを指定する必要があります。空の列の見出しセルをクリックし、名前をタイプして続けて=をクリックします(例えばdata=)その後、Enterキーをクリックします。データの入力は、個々のセルに行ってそれぞれの入力後Enterキーを押します。

(iii)

Post()ボタンを使用した分子や原子のプロパティの入力。ユーザーの指定が必要ないくつかのプロパティーはpostボタンでSpreadsheetに挿入することができます。各々の結合の長さ、角度や二面角(これらはGeometryメニューのMeasure Distance, Measure Angle, MeasureDihedralなどで計測できます:Chapter 6参照)、そして原子の電荷(Atom Propertiesダイアログで得ることができます。このChapterの前の部分を参照)などが該当します。PostボタンはListに含まれる(選択された)分子の原子ラベルを基準にして算出された数字を他の分子にも適用してすべてのカラムをうめようとします。リスト内の分子と密接に関係づけられる分子、例えば配座探索の結果から得られた分子、特定の構造座標にそって動く分子、あるいはラベルが明らかに割り当てなおされた分子などに対してのみ*この操作は要求された結果をもたらしてくれます。

————————
*

原子ラベルの割り当てなおしはAtom Propertiesで行うことができます(この章の前半を参照)