Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

描画されたグラフは、画面上を移動させることができます。そのためには、まずグラフのいずれかの軸またはグラフの曲線をクリックして選択します(選択された部分が黄色にマークされます)この状態でマウスの右ボタンを押したままドラッグすると、グラフの移動の操作ができます。同じように選択された状態でShiftキーを同時におして、マウスの右ボタンでドラッグするとグラフを拡大/縮小することができます。またグラフは回転することはできません。

グラフの描画モードの標準は、データ点をスムーズに通る(cubicspline)という方法によります。Plot Propertiesとそれに従うダイアログでは、標準以外のフィッティング関数の使用や、異なったフォーマットによる表示ができるようになっています(この章のPropertiesの項参照)

表示されたグラフは、軸やグラフの曲線をクリックして選択した状態で、BuildメニューのDeleteを実行するか(()ボタンを押しても同じです)Deleteキーを押しながら、軸やグラフの曲線をクリックします。後の方法でグラフを削除する時には、軸をクリックするとすべてのグラフが、グラフの曲線を一つずつクリックした場合には、クリックした曲線のみが消去されます。