Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

Properties

Spartanでは原子、結合、グラフィックス(Surfaces)、そして束縛条件(Constraints)の情報を表示したり変更したりするときにそれぞれ専用のダイアログを提供します。また、その機能を使うことでグラフィックスの表示形式や値を変更することができます。Propertiesダイアログは一度に一つだけしか開くことはできません。そしてその時に選択された、分子(MoleculeProperties)や原子(Atom Properties)や結合(Bond Properties)、グラフィックス(Surfaces Properties)といったオブジェクトに応じた情報を示します。グラフ(Plots)はSpreadsheetに入力されたデータによって描画されます。(Plot Properties, Curve Propertiesなど)他の分子を選択すると、Propertiesダイアログは、新たに選択された分子に関する情報を提供します。原子や結合、そしてグラフィックスについても選択を変更すると内容もそれに応じたものに変わります。

Molecule Propertiesダイアログでは原子や結合等のオブジェクトの選択は「オン」「オフ」スイッチになっています。原子や結合等なにも選択されていない最初の状態は「オフ」の状態ですが、原子や結合等の分子の一部分を選択すると「オン」の状態になり、Propertiesダイアログには選択されたものに応じた情報に置き換わります。たとえば原子上をクリックするとAtom propertiesが開き、結合なしに異なる部位をクリックするとそれに対応したダイアログが開きます。同じ場所を二度クリックするとMolecule Properitesダイアログに戻ります。