Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

(ii) Atom Properties
 

画面上の“Properties”ダイアログまたはDisplayメニューからPropertiesを選択し、原子をクリックするとMolecule Propertiesが以下のようなAtom Propertiesダイアログに変わります。

Atom Propertiesは元素のタイプをあらわしており、ここで原子種を変える事が出来ます。また、R/S 表示、電荷 (electron単位)も表示されており、原子の凍結(Chapter 6のFreeze Center参照)も設定することができます。また原子量と標準の原子ラベルを変更することができます。

(iii) Bond Properties
 

画面上の“Properties”ダイアログまたはDisplayメニューからPropertiesを選択し、結合をクリックするとMolecule Bond Propertiesが以下のようなBond Propertiesダイアログに変わります。

Bond Propertiesは、結合している二つの原子のラベルとその結合距離(Å単位)を表示します。ここではまた、結合の種類とデフォルトで設定されている結合の名前も変える事が出来ます(Chapter 7内のExpert Model Kit参照)。