Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Chapter 9 Displayメニュー
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

 
この操作はエネルギープロフィールを作成するための一連の束縛値を設定します(Chapter 8内のCalculations...参照)。“Value”の右のボックス内に固定したい一番目の値を入れ、“To”の右のボックス内に最後の値を入れます。何段階で変化させるかは“Steps”の右のボックス内で設定します。初期値では“To”の右のボックス内の数と“Value”の右のボックス内の数は同じになっており、“Steps”は、1(1 step)に設定されています。それぞれ適当なボックス内に必要な数字を打ち込み、return keyを押します。場合によっては一つ以上の構造変数、すなわち“固定した範囲内”で互いに変化するいくつかの変数が必要になるかもしれません。そのような時は個々の変数に対して束縛範囲を選定することが必要となります。しかしながらステップ数は個々の構造変数に対してすべて同じでなければなりません。
(v) PontおよびPlane Properties
 

Propertiesダイアログを表示したまま、ユーザ定義の点や平面(Chapter 6参照)を選択するか、点や平面を選択してからDisplayメニューからPropertiesを選ぶと、Ponit PropertiesまたはPlane Propertiesダイアログが開きます。これらのダイアログではそれぞれのオブジェクトのラベルを変更できます。