Main Page
Table of Contents
  Chapter 1
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
Help Menu
Index
 



Help Menu
Using the Mouse | Keyboard Functions | Computation Times
一般的な操作の特徴 | Selecting a Model

一般的な操作の特徴

分子の選択
Spartanウインドウの中では二つ以上の分子を同時に表示することができます。しかしながら選択することができるのは一つだけです。選択された分子はすべての操作(分子の組み立て、ジョブの設定と実行、テキスト、グラフィック表示および操作)を行うことができます。一方、選択されていない分子は表示するだけです。Ctrlキーを使っての拡大縮小は選択されていない分子も同時に操作することができます。

分子の選択は分子自身をクリックするか、それに附随しているグラフィック表面をクリックすることに行うことができます。この操作によって選択した分子が変わり、前に選択されていた分子の選択が解除されます。選択した分子の性質などはPropertyダイアログ(Displayメニュー)に表示されます。原子、結合、プロパティー表面および束縛条件についての情報はそれぞれ、原子、結合、グラフィック表面あるいは束縛マーカーをクリックすることによって表示されます。選択した原子、結合、束縛マーカーは強調されます(金色になります)。選択した、原子、結合、束縛マーカーを再度クリックすると、分子プロパティーに表示が戻ります。別の分子をクリックすると、その分子の分子プロパティーが表示されます。プロットやプロットスタイルの変更もこのPropertiesダイアログで行うことができます。

一つ以上の分子が入った分子リストの場合、そのリスト中の別の分子はボタン、または画面の左下にあるスクロールバーを使うことによって表示することができます。別の方法としては、画面上にspreadsheetが表示されている場合には一番左にある分子の名前をクリックすることにより選択することができます。画面の左下にあるボタンをクリックするとリスト中にある分子が順番に連続的にアニメーション表示されます。これは反応座標にそったグラフィック表面の推移を表示させる場合に役に立ちます。をクリックするとアニメーションは止まります。

同じリストから同時に二つ以上の分子を表示することができます(選択することができるのは一つだけですが)。スプレッドシートの分子名の右にあるチェックボックスにチェックすることにより、この操作を行うことができます。

色の変更とプリファレンスの設定
OptionsメニューのColorsは、背景の色、グラフィックスの色の変更を、とPreferences…は様々な標準設定の変更を行うために使います。

計算のモニターと強制終了
Options メニューのMonitorは実行中の計算のモニターと強制終了を行うために使います。