有機合成研究室における化学計算ソフトの活用

〜 大学院教育の一環として〜

東京大学大学院理学研究科 中村 正治


「学部授業への化学計算ソフトの導入の試みとは裏腹に,大学院教育の主要な部分を占める研究室での利用は限られているのが現状である.本発表では,我々の研究室の修士学生が,計算ソフトを活用して有機合成反応の開発研究をおこなった例を御紹介したい.
加えて,実験研究の場での化学計算ソフトの利用の問題点,要望,展望などにも触れたい.」
 

学歴
1991
3月  東京理科大学理学部応用化学科卒業
1996
3月  東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻博士課程修了
経歴
1991
年 スイスSANDOZ社(現NOVARTIS社)研修生
1992
年 分子科学研究所理論部門諸熊研究室で研究生
1993~1995
年度 日本学術振興会特別研究員
1996
年〜 東京大学理学系研究科化学専攻 助手
1999~2000
年 米国Harvard大学博士研究員(Eric N. Jacobsen研究室)
2002
年〜 東京大学理学系研究科化学専攻 講師
2002
年より科学技術振興機構さきがけ研究 研究員兼任
2004
年〜 東京大学理学系研究科化学専攻 助教授