教育から研究現場まで幅広くサポートする最適な分子モデリング環境
〜 Schrödinger社による最新分子設計プログラムのご紹介 〜
インフォコム株式会社 ライフサイエンス本部 島田 裕三
コンピューターの演算能力の急速な進歩と低価格化により、現在では数多くの研究者が容易に分子モデリングを利用できる環境にあります。本セミナーでは 有機合成者に広く利用され、論文にも多く掲載されているMacorModelの最新バージョンを中心にSchrödinger社が提供する用途に応じた各分子設計プログ ラムとその活用事例をご紹介致します。

インフォコム株式会社 ライフサイエンス本部のページはここをクリック
Schrödinger社のページはここをクリック