ホーム 製品 イベント サポート ご注文 会社概要
SPARTANWindowsMacintoshLinuxODDYSSEYtridentデータベースご注文デモリクエストライセンス登録情報の変更
書籍書籍のご注文
個別の機能については以下をクリックして下さい。
メインページユーザインターフェイス計算手法
計算のタスク計算可能なプロパティ | 新機能 | 価格
Spartan'04 for Macintoshで新たに追加もしくは修正/拡張された機能
(Mac Spartan Proから)
GUI
  互変異性体の自動認識機能
  生体高分子のモデル表示(リボンやビーズ表示など)
  核酸(ポリヌクレオチド)ビルダー
  スプレッドシートのグラフの3次元化
  イオン化ポテンシャルのサーフェス作成
計算手法 (Essential  Edition ではご利用できません)
WavefunctionはQ-chem社とコラボレーションをしています。これにより基底状態と励起状態をサポートする、密度汎関数法、電子相関のモデルはQ-chem社の計算エンジンを搭載しています。加えて、SpartanとQ-chemのそれぞれのHartree-Fockエンジンをハイブリッド化して高速化を実現し特にインテル社のCPUに最適化することができました。このHartree-FockのエンジンはEssential  Editionにも搭載されています。
  密度汎関数法 局所密度汎関数、BP、BLYP、B3LYP を装備。エネルギー計算、平衡/遷移構造、配座解析(最安定/複数配座)、振動解析が可能です。種々の基底関数の他擬似ポテンシャルもご利用頂けます。
  Møller-Plesset エネルギー計算、平衡/遷移構造、配座解析(最安定/複数配座)、振動解析(数値的) をMP2で実行できます。種々の基底関数の他擬似ポテンシャルもご利用頂けます。

MP3、MP4、LMP2はエネルギー計算のみ利用可能です。

  高次の電子相関 CCSD、CCSD(T)、OD、OD(T)を装備、エネルギー計算のみ利用可能です。
種々の基底関数の他擬似ポテンシャルもご利用頂けます。G2、G3も利用可能です。
  励起状態 CIS、CIS(D)によるエネルギー計算、平衡/遷移構造、配座解析(最安定/複数配座)、振動解析が可能です。種々の基底関数の他擬似ポテンシャルもご利用頂けます。