ホーム 製品 イベント サポート ご注文 会社概要
SPARTANWindowsMacintoshLinuxODDYSSEYデータベースご注文デモリクエストライセンス登録情報の変更
書籍書籍のご注文

Spartan'10で新たに加わった機能の一覧です。
新機能リスト(英文)はここ(New Feature List)をクリック(PDFファイルが開きます。)

   
  GUIに関連する新機能:
・複数のドキュメントを開く際,タブ表示を選択することができます。
・ツールバーをカスタマイズし,ユーザー指定のアイコンを表示することができます。
・軌道エネルギーダイアグラムにより,便利な単一エネルギーダイアグラム表からアクセスして分子の占有・非占有軌道を表示することができます。
・洗練されたサーフェスダイアログには頻繁に用いられるグラフィックモデル用新メニューを搭載しました。
・サーフェスプロパティダイアログからアクセスできるサーフェスクリッピング機能により,計算されたグラフィックモデルの内部をビジュアル化することができます。
・サーフェスプロパティダイアログから複合マップの選択エリア計算機能にアクセスできます。
・分子特性ダイアログで定量的構造活性相関(QSAR)および熱力学的特性の情報を得ることができます。
spacer ・Spartanスペクトラム・特性データベース(SSPD)には,赤外線(IR)および核磁気共鳴(NMR)スペクトラム,分子特性,原子特性,また構造活性相関(QSAR)の記述を含んでいます。 (Spartanとは別にライセンスが必要。)
・核磁気共鳴(NMR)スペクトラム表示には,新たにDEPT,HSQC,およびHMBCを追加しました。
・Spartan分子データベース(SMD)とSpartanスペクトラム・特性データベース(SSPD)ではデータマイニング,統計分析,プロット機能を利用することができます。
・公式エディタダイアログにより,Spartan分子データベース(SMD)とSpartanスペクトラム・特性データベース(SSPD)のクエリを簡単にカスタマイズすることができます。
・データベースプレビューダイアログから,ウィキペディア名称自動検索機能を利用することができます。
 
計算に関する新拡張機能:
・ラマン周波数およびラマン拡散強度計算,Hartree-Fock法およびDFTモデルのラマンスペクトラム表示。
・NMR化学シフト計算の修正スキーム(EDF2モデル)の精度は最高1.7~1.8ppmに達します。
・シリコンやリンを含有する分子を組み込み、T1熱化学レシピを拡張しました。
・RI-CIS(D)には色階調を追加し,励起状態の平衡配置が可能に。
・振動周波数がHartree-Fock法とDFTで並列化(パラレルバージョンのみ)。
・Hartree-Fock法とDFTでラマンスペクトラム計算が可能。
・Windows・Linux双方で完全64ビット版が完成。提供中。