ホーム 製品 イベント サポート ご注文 会社概要
SPARTANiSPARTANODDYSSEYデータベースご注文デモリクエストライセンス登録情報の変更
書籍書籍のご注文
   
手法:
     
  DFT DFT法の計算精度はMP2計算と同等レベルと考えられますが、「計算のコスト」はHartree-Fockよりもわずかに大きい程度と判断できます。そのため特に高精度の計算結果を要求される構造、エネルギー、プロパティーの計算をする場合に特に有効です。遷移金属元素を含む、無機分子や有機金属分子にも適用可能です。

局所密度汎関数法(Local Density), BP, BLYP, EDF1, EDF2, B3LYPの各モデルをサポートしておりHartree-Fockと同様の基底関数と擬似ポテンシャルを利用できます。The non-empirical GGA functional PBE has been implemented. Both M05, 5 and M06, 7 suites of meta-GGA functionals from the Truhlar group have also been implemened. Additionally, a wider range of functionals is available as calculation options with the ability to specify model and percentages for exchange and correlation (these include Slater-Dirac), Vokso-Wilk-Nusair, Perdew-Zunger, Wigner, Becke88, Gill96, Gilbert-Gill99, Lee-Yang-Parr, Perdew86, GGA91, BMK, EDF1 and EDF2)

     
  Møller-Plesset

MP2は電子相関の効果を考慮した最もシンプルな手法といえるかもしれません。一般的に分子の平衡構造、エネルギー、配座、結合の切れる反応を含む種々の反応のエネルギーを正確に再現すると考えられています。Hartree-FockやDFT法と同じ基底関数と擬似ポテンシャルが利用可能で実用的な分子モデルの大きさは20原子程度です。

RI-MP2の計算結果はほぼ既存のMP2と同様でパフォーマンスは著しく向上しています。 エネルギー計算ではほぼ10倍、構造ではほぼ3倍程度の速さで計算します。

MP3, MP4も1点エネルギー計算のみ可能です。Hartree-Fock 同様の基底関数と擬ポテンシャルを利用できます。

     
  Thermochemical Recipes 高い精度で生成熱を計算する手法を複数サポートしています。特にT1レシピではG3(MP2)と比較して3kJ/mol以内の制度で、数桁倍の速度で計算が可能です。G2,Gを含む追加モデルも利用できます。
     
  Advanced Correlated 高次の電子相関を考慮した計算も1点エネルギー計算のみ可能となっています。CCSD, CCSD(T), OD, OD(T),QCIS(D)、QCISD(T), QCCD, QCCD(T)が含まれ、Hartree-Fock, DFT法, Moller-Plesetと同様の擬似ポテンシャルと基底関数をサポートしています。
     
  励起状態の計算

励起状態の計算が、CIS、CIS(D)、RI-CIS(D)モデルやDFT法の適用範囲でTDDFTモデルを使用して実行できます。基底状態で使用できると同様の基底関数と擬ポテンシャルを利用できます。