ホーム 製品 イベント サポート ご注文 会社概要
SPARTANWindowsMacintoshLinuxODDYSSEYtridentデータベースご注文デモリクエストライセンス登録情報の変更
書籍書籍のご注文
個別の機能については以下をクリックして下さい。
メインページユーザインターフェイス計算手法
計算のタスク計算可能なプロパティ| 新機能 | 価格

Spartan Student Edition V6 の(v4以前とくらべて)新機能および改善された点
Infrastructure:
  • タブによる主画面の表示切替
  • ジョブモニターにおける実行中の分子構造の表示
  • スペクトル表示及びスプレッドシートからのプロット表示の改良
  • サーフェスやマップのリクエスト方法の簡略化
  • エネルギープロファイル設定の簡略化
  • 色設定変更カラーパレットの改良
  • Spartanファイル(.spartan)の圧縮化によるファイルサイズの縮小
  •  
GUI:
  • IR、13C NMRスペクトルの新しい表示
  • 軌道エネルギーダイアグラムの導入(シングルクリックによる分子軌道サーフェス表示)
  • PDBから取り込んだタンパク構造のラマチャンドランプロット表示
  • サーフェスやマップの切り抜き表示
  • マップ表面上の閾値レンジの面積計測
  • Molecule Propertiesダイアログに熱化学的プロパティ(ZPE、So、Ho、Go、Cv)を追加
  • SSPDへのアクセス
  • National Cancer Institute(CACTUS)データべスから名前検索し、取り込んだ構造を基に分子構築
  • Molecule Propertiesダイアログに水の溶媒和エネルギー、HOMO/LUMOエネルギー、PSA情報を追加
Computation:
  • EDF2 DFTモデルを導入
  • 13C NMR(sp3, sp2, 芳香族, sp 炭素)において経験的補正を導入し高精度化
  • Equilibrium Conformer(最安定配座)タスクの追加(MMFFのみ)
  • 重元素における擬ポテンシャルの導入(HF, DFT, MP2)
  • Outputファイルに結合次数を出力
  • OutputファイルにMMにおける力学エネルギー成分(伸縮、変角、ねじれ、静電、VDW等)を表示

Spartan Student Edition V4 の(v1.1.5と比べて)新機能および改善された点
  • 密度汎関数法(DFT:B3LYP 30原子まで)に対応
  • MP2(Møller– Plesset:20原子まで)に対応
  • 計算値および実験値によるNMRスペクトルのグラフ化
  • 電子密度面を電子の存在確率で作成表示
  • PSA、およびESPから算出するP-Area
  • Protein Data Bank (PDB)からの構造の取り込み

Spartan Student Edition v1.1.5 の(v1.0.1と比べて)新機能および改善された点
  • IRスペクトルのグラフ表示
  • 水素結合の表示
  • SMDの自動検索
  • キラル中心の変換
  • アニメーションスピードの調整機能
  • TubeおよびBall-and-Spokeモードでの結合タイプの表示
  • 分子の自動センタリング表示