Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
付録A (Appendix A) - 機能と限界(Capabilities and Limitations)
Page 1 | 2 | 3 | 4
 
エッセンシャルエディション(Essential Edition)

Macintosh版Spartan'02には二つのバージョンがあります。
一つはフルバージョンで“Spartan'02”と呼んでいるものです。もう一つは廉価版であり、フルバージョンと同じグラフィカルユーザーインターフェイスを持っているものの、多くのより高度な量子化学計算を行うことができない“エッセンシャルエディション”と呼ばれているものです。

分子力学(Molecular Mechanics)1

分子力学計算モジュールは平衡構造、立体エネルギー、振動数の計算に加えてコンフォメーションサーチを行うことができます。SYBYL力場(Tripos, Inc.)とMMFF94力場(Merck Pharmaceuticals)を用いることができます。分子力場計算には原子の制限はありません。

半経験的分子軌道法(Semi-Empirical)1

半経験的分子軌道法モジュールは、生成熱、波動関数、平衡構造、遷移状態構造、振動数の計算に加えて、配座探索を行うことができます。MNDO、AM1、PM3モデルをサポートしています。MNDO/dは第二周期とそれより下の典型元素のMNDOパラメータを置き換えたものです。遷移金属のPM3パラメータが使えます。
MNDOのパラメータがあるのは:H, He, Li-F, AL-Cl, Ca, Zn, Ge, Br, Cd, Sn, I, Hg, Pdで、AM1では:H, B-F, Al-Cl, Zn, Ge,Br, Sn, I、PM3では:H-Ne, Mg-Ar, Ca, Ti-Br, Zr, Mo-Pd, Cd-I, Hf-Pt, Hg-Bi, Gdです。

半経験的分子軌道法計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています。

 
   
最大原子数 (どの種類でも) 300