Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
付録A (Appendix A) - 機能と限界(Capabilities and Limitations)
Page 1 | 2 | 3 | 4
 
高度な電子相関の計算にはあらかじめ以下の制限が設定されています。しかし、これらの方法は分子サイズが大きくなると急激に計算コストが増加し、現在のところ実際に計算できるのは小さな分子に対してだけであることに注意してください。
 
   
最大原子数 50
基底関数の最大数 500
   
 

プロパティー(Properties)1

プロパティモジュールは分子力学あるいは量子化学モジュールから自動的に呼び出され、テキスト出力、ポピュレーション解析(Mulliken、natural bond oribital、そして静電ポテンシャルフィットに基づいた電荷)、基準振動解析、熱力学諸量(エンタルピー、エントロピー、自由エネルギー)、そして双極子モーメントの計算を行います。CramerとTruhlarのSM5.4モデルに基づいた水和エネルギーを見積もることができ、他の計算レベルの計算で得られた気相のトータルエネルギーに加えることができます。SM5.4モデルはH, C-F, S-Cl, Br, Iについて用いることができます。

グラフィックス(Graphics)

グラフィックスモジュールは、分子軌道、電子密度、スピン密度、そして静電ポテンシャル面、局在イオン化ポテンシャル、物性マップや断面の表示に関するデータを準備します。


   
1. 説明およびリファレンスについては: W.J. Hehre, A Guide to Molecular Mechanics and Quantum Chemical Calculations, Wavefunction, Irvine, 2002を参照して下さい。.
2. Spartan'02で利用できる量子化学的手法に関する総説は J. Kong, C.A. White, A.I. Krylov, C.D. Sherrill, R.D. Adamson, T.R. Furlani, M.S. Lee, A.M. Lee, S.R. Gwaltney, T.R. Adams, C. Ochsenfeld, A.T.B. Gilbert, G.S. Kedziora, V.A. Rassolov, D.R. Maurice, N. Nair, Y. Shao, N.A. Besley, P.E. Maslen, J.P. Dombroski, H. Daschel, W. Zhang, P.P. Korambath, J. Baker, E.F.C. Byrd, T. Van Voorhis, M. Oumi, S. Hirata, C.-P. Hsu, N. Ishikawa, J. Florian, A. Warshel, B.G. Johnson, P.M.W. Gill, M. Head-Gordon, and J.A. Pople, J. Computational Chem.,21,1532 (2000を参照して下さい.
3. 古い解説書ですが W.J. Hehre, L. Radom, P.v.R. Schleyer and J.A. Pople, Ab InitioMolecular Orbital Theory, Wiley, New York, 1986を参照して下さい:.
4. エッセンシャルエディションでは利用できません。