Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
付録C(Appendix C) - 通常用いるプログラムオプション
 (Commonly-Used Program Options)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
 
MaxItr N

Monte Carlo法を用いた配座探索の繰り返し数をNに設定する。デフォルトはサーチに含まれる結合と環の数の関数です。

StartTemperature F Monte Carlo法の初期温度をF(K単位)に設定します:高い温度設定はより広範囲の空間でサーチを行い、低い温度設定はより局所的な空間でサーチを行うことになります。デフォルトは5000 Kです。
     

平行構造および遷移状態の構造最適化
 (Equilibrium and Transition-State Geometry Optimization)

平衡構造の構造最適化(全ての手法)と遷移状態の構造最適化(量子化学的手法のみ)に関するキーワードを示します

 
キーワード 説明
     
GeometryCycle N

平衡構造および遷移状態の構造最適化のサイクルの最大値をNに設定します。デフォルトは平衡構造の構造最適化に対しては独立変数の数+20、遷移状態の構造最適化に対しては3x独立変数の数です

GradientTolerance

F

平衡構造および遷移状態の構造最適化における最大勾配成分の収束判定条件をF (hartrees/bohr単位)に設定します。デフォルトは4.5x10-4です