Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
付録C(Appendix C) - 通常用いるプログラムオプション
 (Commonly-Used Program Options)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
 
DistanceTolerance F 平衡構造および遷移状態の構造最適化における結合長の最大変化値の収束判定条件をF(Å単位)に設定します。デフォルトは1.8 x 10-3です 
Hess C

構造最適化のはじめに用いる二次微分の行列であるHessianの計算方法を設定します。前の計算でHessianを計算していない場合、デフォルトは、構造最適化にはMMFF分子力学計算を、遷移状態の構造最適化にはPM3半経験的分子軌道法を用います。以下の一つを選択することができます。

unit 単位行列
MMFF 分子力学
AM1 AM1 半経験的分子軌道法
STO-3G STO-3G Hartree-Fock法
3-21G 3-21G Hartree-Fock法
6-31G* 6-31G* Hartree-Fock法