Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 1 - Macintosh版Spartan'02
 (Spartan'02 for Macintosh)
 
Page 1 | 2 | 3 | 4

この章ではMacintosh版Sspartan'02の構成について、グラフィックスと計算要素との結びつきに焦点をあてた簡単な議論を述べています。利用できる分子力学や量子化学の計算方法を列挙し、それらの全体的な役割を示しました。

Macintosh版Spartan'02は高機能であるにもかかわらず、単純で明確なグラフィカルユーザーインターフェースを通してしっかりとつながった独立した一連のモジュールを含んでいます。それは単調な作業や、入力時に起こり得る人為的ミスの可能性を大いに減らすだけでなく、出力の解釈を説明するためにもデザインされています。このインターフェースは最新の計算技術の全領域への対話的なかつ直観的な窓口として最良だと考えられます。