Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 2 - 一般的操作方法(General Operating Procedures)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

選択:分子の指定は選択操作によって行います。つまり選択する分子の上にカーソルを移動させマウス左ボタンをクリックします。エリアの選択では選択範囲の左上角となる箇所にカーソルをあわせ、shift keyとマウスの左ボタンもしく右ボタンを押したままで選択範囲の右下までカーソルを持っていきマウスボタンとshift keyの両方をはなします。

操作:分子のXY軸周りの回転はマウス左ボタンをドラッグしマウス操作で行います。keyとともにマウス左ボタンをドラッグし“上下”に操作すると画面に垂直な面(Z軸)で回転させることができます。マウス右ボタンをドラッグしマウスを移動させることでオブジェクトをX,Y方向に平行移動することができます。keyを押しながらマウス右ボタンをドラッグしマウスを“上下”操作することで画面対し垂直方向への平行移動(拡大縮小)をすることができます。
また、拡大縮小の操作はマウスにホイールがあればホイール操作で行うことも可能です。拡大縮小以外の操作はctrl keyを押しながら操作することで、複数の分子全体にその操作を適応することができます。
また、“分子作成モード”でのみspace barを押しながらマウス左ボタンをドラッグし、“上下”に操作することで選択した結合の回転を行うことができます。選択した結合の伸縮はspace barを押しながらマウス右ボタンをドラッグし、マウスを“上下”に操作することで行うことができます。

コンテキストメニュー(Contextual Menus)

等値面、プロパティーマップおよびスライス同様に原子と結合はコンテキストメニューによって検索可能・変更可能です。コンテキストメニューは原子や結合上にカーソルをあわせるか、もしくは等値面、プロパティーマップおよびスライス同の枠にカーソルをあわせることで操作可能です。たとえばプロパティ-マップの場合、カーソルをあわせマウスボタン(2ボタンマウスの場合、左か右のどちらかのマウスボタン)をドラッグすることで操作可能です。

メニューの内容はコンテキストに依存します。コンテキスト メニューは、通常Spartan'02 メニュー下のダイアログから選択できる機能同様のショートカット操作が可能です。