Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 2 - 一般的操作方法(General Operating Procedures)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

キーボードの機能(Keyboard Functions)

以下に示すキーを用いることで様々な機能を制御することができます。
3 三次元立体画像に切り替える。もう一度3を押すと通常のモードに切り替わる。

Page Up, Page Down
Home, End

画面上に展開している分子リストをPage Upキーでリストの上へ、Page Downキーで下へ、Homeキーでトップへ、Endキーで一番下へ移動する。また、Outputウインドウでもこれらのキーは同様に作用をする.
上下左右にスプレッドシートのセル中を移動させる。

分子の選択など(Selecting Molecules, etc.)

二つ以上の分子を同時に表示することができます。しかし、選択することができるのは一つの分子だけです。選択した分子にはすべての機能(分子作成、ジョブの設定と実行、テキストとグラフィック出力、そして分子の操作など)を適用することができます。一方、選択されていない分子は静止画として表示されているだけです。しかしcontrol (ctrl) keyでは画面上の全ての分子を同時に拡大縮小することができます。