Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 2 - 一般的操作方法(General Operating Procedures)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

リストからリストへの操作(List-to-List Operations)

1つ以上の分子をあるリストから他のリストに移動することができます。そのためには対象となる両方(移動元、移動先)のリストのスプレッドシートが同時に画面に表示されていることが必要です。コピー元のスプレッドシートの対応する行にある("Name")の左側をクリックしてコピーする分子を選択し、コピー先のリストのスプレッドシート上にドラッグします。これは“コピー”操作にあたります。そのため、コピーもとのリストは変更ありません。

分子のリスト間のコピーは構造データだけでなく、計算済みの性質、グラフィック情報もコピーされます。

(三次元表示)3-Dimensional Displays

画面に表示されるすべてのグラフィックオブジェクトはカラーフィルターを用いて三次元ステレオ表示をすることができます。Spartan'02に同梱されている赤/青のセロファンで作られたメガネを装着します。現れる映像では明らかに色に不足がありますが、この簡単な方法によって三次元映像がよく見えるようになります。数字キー”3”により三次元ステレオ表示がトグルされます。もう一つの方法では、OptionsメニューのPreferencesダイアログ中のStereoをチェックします。

ダイアログ(Dialogs)

ダイアログには形式的(modal)なダイアログ(メニューの中のリファレンス以下の "..."で示される)か非形式的なダイアログの二種類があります。形式的なダイアログは閉じないとプログラムの操作を続けることができません。一方、非形式的(non-modal)なダイアログは画面上に表示しておくことができます。

色と設定の変更(Changing Colors and Setting Preferences)

Editメニュー(Chapter 10)のColorsで背景色やグラフィックオブジェクトの配色などのデフォルトへの変更ができます。Spartanメニュー(Chapter 8)のPreferencesでプログラムのデフォルト設定を行うことができます。

ジョブのモニタリングと強制終了(Monitoring and Killing Jobs)

Spartan Monitor under the Spartanmenu (Chapter 8)のSpartan Monitorで実行中のジョブのモニタリングとジョブの強制終了を行うことができます。