Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 3 - 有機分子(Organic Molecules)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27

 
Spartan'02のモデルキットでは、金色で示されたフリーバレンスに原子、官能基、環および配位子を結合させます。残ったフリーバレンスは自動的に水素原子に置き換えられます。
2. sp2炭素はまだ選択されたままになっています。二重結合のフリーバレンスをクリックすると、二つのsp2炭素が二重結合により結合してエチレンができます。*
 
Spartan'02のモデルキットでは同じ種類のフリーバレンスどうしだけを結合させることができます。例えば単結合は単結合とのみ結合でき、二重結合は二重結合とだけ結合させることができます。
3.   Groupsメニューから利用できる官能基からCyanoを選択します。
 

   
* 2価の結合価でなく1価の結合価をクリックしてしまったときなど間違った操作をしてしまった場合、EditメニューのUndoもしくはClearを選択し、操作の取り消しをすることができます。