Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 3 - 有機分子(Organic Molecules)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27

  アミド基アイコンを繰り返しクリックすることで、結合位置を変更することができます。変更できたら、酸素原子にアミド基を付加させてカルバメート基を作成します。最後に、GroupsメニューからAlkyneを選択し、カルバメート基が結合しているシクロヘキサン環上の炭素に残っているアキシアルまたはエクアトリアル位のフリーバレンスに加えます。構造を整えるために をクリックし、続いて をクリックします。
2. CalculationsメニューのCalculationsダイアログを開きます。"Calculate"の下のトップメニューからEquilibrium Conformerを選択し、計算手法のメニューからMolecular MechanicsMMFFを選択します。Spartan'02は可能なコンフォメーション全てを探索しますが、(MMFFモデルによる)最安定なコンフォマーだけが選択されます。ダイアログを閉じ(OKをクリックして)、計算を行います(SetupメニューからSubmitを選択する。)。分子を"ethinamate"と名前を付けます。
3. 計算が終了したら、画面上の初期コンフォマーが最安定なコンフォマーに置き換わります(初期構造が計算された平衡構造に置き換わります)。アルキン基またはカルボネート基のどちらがエクアトリアル位にありますか?
4. "ethinamate"を閉じます。