Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 3 - 有機分子(Organic Molecules)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27

  DisplayメニューからPropertiesを選択しスピン密度マップの任意の箇所をクリックします。Surface Propertiesダイアログが開きます。スピン密度の範囲はダイアログ中に与えられる(“From”から“To”)。特に負のスピン密度が可能であることに注意して下さい。
7. Surface Propertiesダイアログを片付けて、スピン密度マップの表示を“オフ”にします(Surfaceダイアログの "density spin . . ." と表示されている行をダブルクリックします)。続いてダイアログの"SOMO . . ."と表示されている行をダブルクリックしてSOMOの表示をオンにします。SOMOは先に表示したスピンの画像と定性的に類似することに注意して下さい。
8. Turn "off" display of the SOMO by double clicking on the line "SOMO . . ." in the Surfaces ダイアログの中の"SOMO . . ."と表示されている行をクリックしてSOMOの表示をオフにします。次にSurfaceダイアログの下にあるAddをクリックし、SurfaceメニューからSlicePropertiesメニューからspinを選択します。OKをクリックします。ダイアログの上のウィンドウに"Slice spin . . ."と表示されます。これは必要な計算はもうないことを意味し、“完成した”ことを示しています。この行をダブルクリックします。
9. 金のフレームで囲まれたスピン密度の平面(断面)が画面のモデルの中央に表示されます。(もし、フレームの色が金色ではなく白であれば、フレーム(フレームの内部)をクリックします。そうすると金色にかわります)カーソルをフレームの外に移動して keyとマウスの右ボタンを押してマウスを上下します。断面が拡大縮小します。通常のマウス操作で分子モデルとは独立に断面を平行移動させたり回転させたりすることができます。代わりに分子モデルを最初にクリックすると枠は白くなり、それからマウスを操作すると分子と断面の両方を同時に動かすことができます。すべての操作は、カーソルを枠の外に置いて行うことに注意して下さい。希望するように断面の拡大縮小と回転を行うことができます。*

10.

画面から"3-cyano-4-methylcyclohexenyl radical"を消します。


   
* 他の断面様式も使うことができます。カーソルをプロット枠の上に合わせ、どちらか一方のマウスボタンを押したまま断面様式の選択メニューを表示させます。