Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

1-ペンテンのエン反応(Ene Reaction of 1-Pentene)

エン反応の機構は、C-C結合の開裂とともに水素原子が同時に移動するものです。ここでは、Hartree-Fock/3-21G計算によって1-ペンテンのエン反応の遷移状態を求め、反応座標を調べて水素原子移動とC-C結合開裂が協奏的に進む証拠をもとめます。オプションとして、Hartree-Fock/3-21G計算によって求めた反応物と遷移状態の構造を基にB3LYP/6-31G*一点エネルギー計算を実行し、エン反応の活性化エネルギーを見積ります。

1. モデルキットを開き、エチル基の末端水素の一つが末端メチル基へ移動可能なコンホメーションになるように1-ペンテンを作成します。 をクリックする。
2. はじめに、後で使えるようにをクリックして1-ペンテンを"1-pentene_B3LYP"と名付けて保存しておきます。また、これからの計算用にもコピーを作ります。ファイルを "ene reaction 1-pentene"と名付けます。以下このコピーで計算を進めます。
3. Select Transition Statesfrom the SearchメニューからTransition Statesを選択するか、Tool Paletteアイコンをクリックします。次の図に示されている結合"a"をクリックし、続いて結合"b"をクリックします。