Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

 
  結合 "a"(CH結合)から結合 "b"へ曲線の矢印が下図のように描かれます。次に結合"c"をクリックしそれから結合"d"をクリックします。結合"c"から結合"d"へ二番目の曲線矢印が描かれます。最後に結合"e"をクリックし、shift keyを押したまま移動するメチル基上の水素とこの水素を受け取る末端メチレン炭素をクリックします。三番目の曲線矢印が結合 "e"から水素と炭素の間のスペースに描かれます。もし間違ったらを使って矢印を消すことができます。(その後を選択して続ける必要があります。)三つの矢印全部が表示されたら、画面右下のをクリックします。構造がエン反応の遷移状態の予測構造に置き換わります。
4. SetupメニューのCalculationダイアログを開き、Hatree-Fock/3-21Gモデルを用いた遷移状態の構造の計算を指定します。"Calculate"の右のメニューからTransition StateGeometryを選択し、下の2つのメニューからHartree-Fock3-21Gを選択します。また、"Compute"の右にあるFrequenciesにチェックを入れます。これは構造最適化に続いて振動解析*を行う設定です。この設定は、得られた構造が真の遷移状態であるかどうか、およびこの遷移状態が反応物と生成物とを滑らかに結びつけるものかどうか確認するために必要です。

   
* 振動数は最適化した平衡構造あるいは遷移状態の構造を使って計算しなければなりません。そうでないと得られた値は意味がありません