Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

7. Calculationsダイアログを開き、遷移状態を求めて振動数を計算したのと同じレベルのHartree-Fock/3-21Gモデルを用いた一点エネルギー計算を指定します。ダイアログを閉じる前に、Apply Globalに必ずチェックを入れておいて下さい。次にSurfacesダイアログを開き、結合密度面の表示と結合密度面上に静電ポテンシャルを表示す表面を指定します。ダイアログの下のAddをクリックし、Surfaceにはdensityを、Add SurfaceダイアログのPropertyにはnoneを選択します。“Static Isovalue”をチェックし、下のメニューからbondを選択します。OKをクリックします。再びAddをクリックし、Surfaceにはdensityを、Propertyにはpotentialを選択します。“Static Isovalue”をチェックし、メニューのbondを選択し、OKをクリックします。Surfaceダイアログのチェックを外しておいて下さい。Surfacesダイアログは画面から消えます。
8. ジョブを実行します。ジョブ名を"ene reaction 1-pentene sequence"とします。ジョブが終了したらSurfacesダイアログを開き、次々に計算した表面を選択します。画面下のあるいはキーを使ってそれぞれの構造をステップごとに連続的に表示させるか、 キーを使って反応をアニメーション表示させます。特に結合の変化は結合密度表面によって浮き彫りにされることに注意してください。また、移動している原子の“電荷”にも注意しましょう。これは “プロトン”(青色)、“水素原子”(緑色)、“ヒドリドアニオン”(赤色)のどれで最も良く表すことができるでしょうか。
9. "ene reaction 1-pentene sequence"を閉じます。