Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21

  結合”b”についても同様の操作を繰り返す必要があります。結合”bをクリックします。ダConstraint Propertiesダイアログは結合”b”の拘束条件の表示になります。”Value”と”To”の右側の二つのボックスにそれぞれ1.52.7を入力します。それぞれの入力の後に必ずreturn keyキーを押します。これによって、結合”a”と結合”b”の両方に対する拘束条件は1.5Åから2.7Åで等間隔で10ステップ変化させる設定になります。
4. Calculationsダイアログを開き、”Calculate”の右のメニューからEnergy Profileを、その下の二つの手法メニューからSemi-EmpiricalPM3を選択します。ダイアログを閉じるためにOKをクリックし、それからSetupメニューからSubmitを選択します。ジョブ名を”cyclopentadiene+maleic anhydride endo”とつけておきます。
5. 計算が終了したら、新しいファイル” cyclopentadiene+maleic anhydride enso_Prof”が生成し、それにはエネルギープロファイルを構成する10ステップのデータが含まれています。このファイルがスクリーンに開きます。*
6. Spreadsheet (Displayメニュー)を開き、下にあるAddをクリックします。表示項目一覧からEを、Add Column ダイアログ中のEnergyメニューからkcal/molを選択し、spreadsheetへとEをドラッグします。Add Columnダイアログを閉じます。次に をクリックし、エネルギープロファイル計算で変化させた二つのC-C結合(結合”a”または結合”b”)の一つをクリックします。“距離Cx‐Cy”**(スクリーンの下にある中心近く)をspreadsheetへとドラッグします。 をクリックします。最後に、Add Plotダイアログを開くためにDisplayメニューからPlots...ダイアログを選択し、X Axisメニューの項目からDistance(Cx‐Cy) を選択し、”Y Axis”の下のポップアップメニューのリストからE (kcal/mol)を選択します。ダイアログを閉じるためにOKをクリックします。

   
* 混乱を避けるためにオリジナルファイル”cyclopentadiene+maleic anhydride endoは閉じておくといいでしょう
** “Distance”以下の名前はあなたが選択した結合か束縛によって決まります。