Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21
 
2. をクリックします。上図の結合”a”をクリックして、それから結合”b”をクリックします。”a”から”b”へ曲線矢印が描かれます。次に結合”c”をクリックし、それから結合”d”をクリックします。”c”から”d”へ二番目の曲線矢印が描かれます。最後に結合”e”をクリックし、そして結合”f”をクリックすると三番目の曲線矢印が描かれます。画面上のモデルが、次のように表示されているはずです。
 
  画面右下のをクリックすると遷移状態の予想構造が作成されます。
 をクリックします。
3. Calculationsダイアログを開き、半経験的手法AM1を用いた遷移状態の構造計算を指定します。”Compute”の下のFrequenciesにチェックを入れて振動計算を指定します。これで得られた遷移状態が合理的なものであるかを確認することができます。OKをクリックします。
4. ジョブを実行します。ジョブ名を”cyclopentadiene+acrylonitrile”とします。計算が終了したら得られた構造と振動数を調べます。ただ一つの虚の振動数があることを確認してください。Vibrationsダイアログ(Displayメニュー)を選択してこの振動モードをアニメーション表示し、反応座標に沿った動きであることを確認します。あなたが成したときに、Vibrationsダイアログを閉じます。
5. 遷移状態の構造をクリップボードに移します。カーソルを分子モデルの少し左上の位置に持っていき、shift keyによっていずれかのボタンを同時に押したまま、モデルの少し右下の位置までドラッグし、マウスボタンを放します。点線のボックスがモデルを取り囲みます。EditメニューからCopyを選択します。 をクリックして”cyclopentadiene+acrylonitrile”を閉じます。