Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 5 - 有機反応(Organic Reactions)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21
 
8 から 11 はオプション実験です
8. "CF2+ethylene" をコピーし()、"CF2+ cyclohexene"と名付けます。
9. GeometryメニューからFreeze Centerを選択します。“エチレンフラグメント”の片側の二つのフリーバレンスを除いて、全ての原子を順番にクリックします 。クリックした原子にはマゼンタ色のマーカーが付き、“凍結”されたことを意味します (これは原子が構造最適化の間動かない)。モデルキットに入ります()。モデルキットからのsp3炭素()を選択し、四つの“メチレン鎖”を“凍結”されていない二つのフリーバレンスに結合させてシクロヘキセン環を作ります。(結合を作るために をクリックする必要があります) をクリックします。加えた四つのメチレン基だけが動いて、遷移状態を構成する部分は動かないことに注意してください。前に求めたジフルオロカルベンのエチレンへの付加反応の遷移状態に基いて、ジフルオロカルベンのシクロヘキセンへの付加反応の遷移状態の良好な予想構造を作成することができました。をクリックします。
10. Calculationsダイアログを開き、Hartree-Fock/3-21Gモデルを用いた遷移状態の構造計算が指定されています。Frequenciesのチェックを外しておきます ("Compute"の下)。ダイアログを閉じ、OKをクリックしジョブを実行します。
11. 計算が終了したら、テキストのoutput(Displayメニューの中のOutput )を調べます。そして最適化のサイクルの総数が比較的小さいことに注目しましょう。これは最適な構造を表わしています。 "CF2+ethylene"を画面へ戻し、二つの遷移状態の構造を比較してみましょう(それぞれジフルオロカルベンのエチレンへの付加とシクロヘキセンへの付加に一致します)。予想したように二つの遷移状態構造は似ていますか。
12. 画面から全ての分子を閉じます。