Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 6 - 生物学的に興味ある分子と高分子
(Biologically Interesting Molecules and Biopolymers)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
 
3. (骨格に対して)飽和炭素鎖を加えます。
 
  モデルキット中のCustomをクリックします。ステップ1で作成したフラグメントが上に現れます。フラグメント中の左側にあるフリーバレンスをクリックし、それから二環骨格上の最適なフリーバレンス(下図中の*)をクリックします。
 
 

二回以上フラグメントを加えます(フラグメントのアタッチポイントがあるならクリップボードがまだ選択されています)。画面上の分子中の最適な位置をクリックし、それから新規の構造の最適な位置を再び、クリックします。そうしたら、鎖の終わりからの一つの位置にメチル基を加えます。最終的な構造を作成するためにをクリックします。をクリックします。

4. Calculationsダイアログを開いてAM1半経験的分子軌道法を用いた一点計算を指定します。OKをクリックします。Surfacesを選択し、静電ポテンシャルマップを要求します(Surfaceメニューからdensity、そしてPropertyメニューからpotential)。ジョブを実行します。ジョブ名を "vitamin E"とします。