Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 6 - 生物学的に興味ある分子と高分子
(Biologically Interesting Molecules and Biopolymers)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
 
7. をクリックします。前のステップで接近させた二つのフリーバレンスを順にクリックします。結合が描かれて五員環が形成します。整えられた(中間)構造を作成するために、をクリックします。 
8. モデルキットのp3炭素をクリックします。C環とD環が接している炭素の該当するアキシアル位のフリーバレンスをクリックし、それからA環とB環が接している炭素のアキシアル位の該当するフリーバレンスをクリックします。
9. モデルキットのsp3酸素 をクリックします。水酸基をA環の該当するエクアトリアル位に加え、D環上のカルボニル基に該当する炭素にも加えます。をクリックします。水酸基が加えられたD環の炭素上のフリーバレンスと水酸基の酸素上のフリーバレンスをクリックします。(歪んだ)カルボニル基が形成します。C1対称を持つ最終の構造を作成するために、をクリックします。 をクリックします。
10. アンドロステロンにはいくつかの不斉中心があります。ModelメニューからConfigure Labels...を選択し、現れたダイアログのR/Sにチェックを入れます。R/Sラベルが各不斉中心に表示されます。Configure Labelsダイアログを閉じるために、OKをクリックします。(もしモデルからR/Sラベルを取り除きたいならば、ModelメニューからLabelsを選択する必要があります)。
11. SetupメニューからCalculations...を選択し、AM1レベルで平衡構造の計算を指定します。Calculations...をクリックします。ジョブを実行します。ジョブ名を"androsterone"とします。計算が終了したらアウトプットを調べます。多くの変数がありますが最適化のためのサイクルは少ないことに注意します。