Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 6 - 生物学的に興味ある分子と高分子
(Biologically Interesting Molecules and Biopolymers)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
 
空間充填モデルの分子体積と電子密度等値面から得たものを比較します。
12. DisplayメニューのPropertiesを選択します。Molecule Propertiesダイアログが表面と空間充填(CPK)モデルを与えます。両方の値を書きとめます。画面上のMolecule Propertiesダイアログを閉じます。 
13. Surfacesを選択します(SetupまたはDisplayメニュー)。Addをクリックします。SurfaceメニューからDensityを、Propertyメニューからnoneを選択しOKをクリックします。画面上のSurfacesダイアログを閉じます。
14. ジョブを実行します。計算が終了したらSurfaceダイアログ中の"density . . ."と表示された行をダブルクリックします。電子密度等値面の任意の場所をクリックします。Molecule PropertiesダイアログがSurface Propertiesになり、電子密度等値面の表面積と体積が表示されています。これらの値をCPKモデルに基づいた対応する数値と比較するとどのようになっていますか
15. アンドロステロンを画面から消します。