Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 6 - 生物学的に興味ある分子と高分子
(Biologically Interesting Molecules and Biopolymers)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14
 
 
ペプチドモデルキットの基本ビルディングブロックはアミノ酸になり、原子フラグメント、Groups(官能基)、Rings(環)およびLigands(配位子)に置き換わるため、これらのビルディングブロックは無くなります。従って、ペプチドの修飾のほとんどは、アミノ酸の配列や全体のコンホメーションは別として、EntryモデルキットかExpertモデルキットのどちらかを用いて行う必要があります。
2. モデルキットのBuild Sequenceのボックスをチェックし、アミノ酸コードの選択ボタン "gly"(グリシン)を三回クリックします。グリシンの構造がモデルキットの上ボックスに現れ、そしてBuild Sequenceの下のボックスに配列"gly-gly-gly-"が表示されます。
 
3. Alpha Helixが選択されていなければなりません。もし選択されていなければ、それをクリックします。a Helixを定義する主鎖骨格のyとfの角度が右に表示されます。画面の任意の場所をクリックします。トリグリシンが表示されますが、まだ末端が正しく処理されていません。
4. はじめに中性構造を扱います。モデルキットのTerminateをクリックします。ダイアログが現れ、それにより "C"末端基と"N"末端基を指定します。
 
  CメニューからCO2Hを、NメニューからNH2を選択します。OKをクリックします。中性のトリグリシンを作成しました。最適化はしないでください。