Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 7 - 無機分子と有機金属分子
 (Inorganic and Organometallic Molecules)

Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
 
  モデルキットの上の機能は元素、原子の混成、結合のタイプの選択できます。さらにその下のモデルキットは、RingsGroupsCustomメニュー、Ligandsメニューがあり、Entryモデルキットにあるものと同じです。
2.  "Element" の右側のボックス側にカーソルを位置させ、上の元素のメイン基がある周期表、下の遷移金属を開きます。
 
  周期表からSのカーソル動かし、ボタンを離します。それから混成を表すボタンから五配位三方両錐構造 を選択します。
 
  画面をクリックします。ワークシート上の任意の場所にカーソルを動かし、クリックします。三方両錐構造の硫黄が表示されます。
3. 同様の方法で、周期表からFを選択し、混成を表すボタンから一価構造を選択します。硫黄上のアキシアル位のフリーバレンス二つとエクアトリアル位の三つのフリーバレンスのうちの二つを順にクリックします。