Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 12 - Geometryメニュー(The Geometry Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
 

Measure Angle

これを選択すると三個の原子のなす角度、あるいはつながった二本の結合角を(度単位で)測定し、表示することが出来ます。いくつかの場合、Measure Angleはセットになっている部分の角度も測定することが出来ます。また、角度を束縛することも可能です。Measure Angleを選択すると画面の左下に次のようなメッセージが表示されます。

この表示にしたがって、適当な原子、結合あるいは束縛マーカーを正しい順序でクリックします。この操作によって三つの原子が金色になり、すぐに画面の右下の「Angle」の右のボックスに角度が表示されます。三つの原子が同一の環の中に含まれない場合、ボックスの中の値を変えることによって簡単に角度を変えることが出来ます(値を変更した後return keyを押す必要があります)。また、角度は構造最適化あるいは遷移状態構造の最適化の際の束縛するためにも使うことが出来ます。この操作は画面の右下にあるのアイコンをクリックすることによって(その時それはに変わります)行うことが出来ます。すでに束縛が定義されたものについてはをクリックすることで解除することができます(アイコンはに戻ります)。現在の角度とは異なる値にする場合はボックスに数字を打ち込むことによって変えることができます (値を変更したらreturn keyを押す必要があります)


点と平面は原子と同じように扱われます。ただし単一の平面のみが距離の測定に使用されますが、複数の点または面を含む距離を設定したり束縛することはできません。