Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 13 - Buildメニュー(The Build Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22
 

アイコンとして表示される"原子フラグメント"を選択するとモデルキットの中程に次のようなアイコン群が表示されます。 

これらのアイコンは、次原子に相当します。

 
C(sp3) C(sp2)

C(sp)

C(aromatic) Si(sp3)

N(sp3)

N(sp2) N(sp) N(aromatic) N(planar)

P(sp3)

O(sp3) O(sp2) S(sp3) S(sp2)
H F

Cl

Br I
 

“原子フラグメント”はアイコンの上にカーソルを合わせてクリックすることで選択されます;選択されたアイコンは強調され、その構造がモデルキットの上に表示されます。一度選択されると、原子フラグメントは作成の開始(スクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造へ独立したフラグメントを追加する(option keyを押しながらスクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造に追加する(フリーバレンスの先端をクリックして下さい)のに使用されます。結合タイプ、即ち一重、二重、三重あるいは芳香族の選択、多重結合タイプの原子フラグメントの場合、例えばsp2炭素では自動的に選択されたフリーバレンスの性質に依存します。