Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 13 - Buildメニュー(The Build Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22
 
(iii)

Custom

これはCut又はCopy操作によってクリップボード上に置かれた分子又は分子フラグメントへアクセスする機能をもっています(Editメニュー;Chapter10章参照)。一度選択されると、分子(又は分子フラグメント)がモデルキットの上で操作できるモデルとして表示されます。それは作成の開始(スクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造へ独立したフラグメントを追加する(option keyを押しながらスクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造に追加する(フリーバレンスの先端をクリックして下さい)ために使用されます。
4つの項目(現在の項目と前の3項目)はクリップボード上(ここからアクセスします)に収納されています。選択はモデルキット中のCustomの右側のメニューから行います。

Expert Model Kit

エキスパートモデルキットはエントリーモデルを使ってできるものよりもずっと幅広い有機分子の作成ができます。それらは伝統的な結合則を破る有機分子だけでなく、無機、有機金属種を含んでいます。エントリーモデルと異なり、エキスパートモデルにははっきりとした原子価チェックがありません。エキスパートモデルキットへはエントリー(又はペプチド、ヌクレオチド)モデルキットの上に位置するExpertタブ上をクリックすることでたどり着きます。(エントリー、ペプチド、ヌクレオチドモデルキットへ戻るには、エキスパートモデルキット上でEntryPeptide又はNucleotideタブをクリックします。)