Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 13 - Buildメニュー(The Build Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22
 
元素は種類別に色づけされています:水素(灰色)、アルカリ及びアルカリ土類(黄色)、主族(灰色)、遷移金属(緑色)、ランタニド(紫色)、アクチニド(青色)、希ガス(オレンジ色)。選択するには欲しい元素の上にカーソル(左ボタンを押しながら)を動かし、ボタンを離します。周期表は消えて、元素のシンボルが“Element”の右側に現れます。
すぐ下には“混成”リストがあります。

元素と原子混成の両方を選択すると、構造がモデルキット上部に表示されます。これは作成の開始(スクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造へ独立したフラグメントを追加する(option keyを押しながらスクリーン上のどこかをクリックして下さい)、存在する構造に追加する(フリーバレンスの先端をクリックして下さい)ために使用されます。
混成の中の2つはアキシアル型、エクアトリアル型の両方で結合します。白抜きの丸で示された適当な結合点の選択は、アイコン上を繰り返しクリックすることでもたらされます。

全ての元素は初め単結合でつながっています。結合タイプは初めに希望の結合タイプを選択して、適当な結合上をダブルクリックすることで変えることができます。