Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 13 - Buildメニュー(The Build Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22
 

フリーバレンスは結合を形成する前に水素を加える(モデルキット中のから)ことで“消費する”ことができます。(“超原子価”配置を作成できます)

結合の形成はどれかのボタン、あるいはモデルキット中のメニューを選択するか、メインウィンドウ中のメニューあるいはアイコンを選択すると終了します。

Break Bond

これは存在している結合を切断し、1つ以上のフリーバレンスにすることができます。選択するとスクリーン左下にメッセージが表示されます。

結合を選択した後結合が切断され、関連している原子上のフリーバレンスは自動的に修復されます。失敗すると“ピー”という合図がでますので、もう一度やってみてください。結合を削除するとフラグメントに別れ、それらは一緒にあるいは互いに独立に操作することができます。
結合の切断はモデルキット中のどれかのボタン、あるいはメニューを選択するか、メインウィンドウ中のメニューあるいはアイコンを選択すると終了します。

Minimize

作成した分子のはじめの構造は適当ではなく、経験的な分子力学法を用いた構造最適化を最初におこなうのが便利です。MMFF94力場に基づく分子力学最小化プログラムが利用できます。画面の下に最終的な力学的ひずみエネルギーと対称点群が表示されます。最適は右画面下のStopをクリックすることでいつでも終了することができます。通常の終了で、プログラムは“Add Fragment”モードに戻ります。