Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 

この章では、Setupメニューで利用できる機能について説明します。Setupメニューでは分子力学計算、半経験的計算、Hartree-Fock分子軌道計算の他、基底状態に対する局所密度汎関数計算、密度汎関数計算、Møller-Plesset摂動、coupled-cruster計算やG2、G3計算を含む電子相関計算、そして励起状態に対するconfiguration interaction計算、局所密度汎関数計算、密度汎関数計算などを指定することができます。

ここでできる作業としてはエネルギー計算、平衡構造計算、立体配座計算および遷移状態構造を含みます。エネルギー計算だけはいくつかの方法で行うことができます。Hartee-Fockや相関計算に対してさまざまな全電子のGaussian基底系がサポートされており、重元素を含むような分子に対しては偽ポテンシャルもサポートしています。

Setupメニューの機能は、様々な分子の性質の計算の指定や印刷のほか、電子密度、スピン密度、静電ポテンシャル、局所イオン化ポテンシャルおよび分子軌道を含む各種表面のグラフィックスの設定もすることができます。Setupメニューではまた、ジョブの実行操作も行うことが出来ます。

Setupメニューはグラフ式のディスプレイや計算作業を提供するための詳細を述べるのと同じように、分子力学や量子化学計算を実行、グらフック表示の指定および計算ジョブを実行するためのダイアログを開くために使用されます。