Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 
 

実行する計算の種類(Task)を選択すると次のようなプルダウンメニューが表示されます。

Single Point Energyはすべての計算方法に適用することが出来ます。Equilibrium Geometry, Equilibrium Conformer, Conformer DistributionおよびEnergy ProfileはMP3、MP4、CCSD、CCSD(T)、G3、G3(MP2)、CIS(D)および関連する高次の電子相関法以外のすべての方法に適用することができます。Transition State Geometryは分子力学、MP3、MP4、CCSD、CCSD(T)、G3、G3(MP2)、CIS(Dおよび関連する高次のcorrelated 法以外のすべての方法に適用することができます。さらにlocalized orbitalに基づいたMP2法はsingle point energy計算だけに利用可能です。
State (電子状態)のプルダウンメニューで電子状態を設定することが出来ます。デフォルトセッティングはGroundになっており、ボックスの右側にあるをクリックすることによりExcitedへ変更することができます。またをクリックすればGroundへ戻ることができます。基底状態と励起状態の化学種は異なる計算方法で扱うことができます。Hartree-Fock、Møller-Plessetや様々な高度なcorrelation methodは基底状態時にのみ利用することができます。これに対してconfiguration interaction法は励起状態化学種に対してのみ利用することが出来ます。密度汎関数法は基底状態と励起状態の両方の化学種に対して利用することが出来ますが、現在のところ励起状態に対してのみエネルギー計算に限定されています。 Stateは分子力学計算と非経験式計算に対しては無効です。