Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 
 
Møller-Plesset計算
高度な電子相関*
Configuration Interaction

制限的SCF法と非制限的SCF法のどちらか一方の利用が可能です**デフォルトでは一重項は制限的SCF法で使用され、一重項以外は非制限的SCF法を使用するようになっています。このデフォルトの設定はScfキーワードを使うことにより変更することができます。(Appendix Cを見よ)
半経験的な方法を除いて基底関数を設定する必要があります*** :


   
* 多くの高度な電子相関も使用することが出来ます。この場合はOptionボックスから次のいずれかを選択する必要があります。CCSD(2)、OD、OD(T)、QCCD、QCCD(")、QCISD、QCISD(T).
** 非制限的方法だけは非共有結合電子対を持つ系に対してMøller-Plesset摂動やadvanced correlated法も使用することが出来ます。
***

これ以外の多くの基底関数も使うことができます。その場合はOptionボックスから次のいずれかを選択する必要があります;(d),(d,p),(2d),(2d,2p),(2df,2pd),(3d,3p),(3df,3pd)に従う6-31Gまたは6-311G、Gの前に “+”や“++”が挿入された6-31Gまたは6-311G、およびcc-pVDZとcc-pVQZ。