Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 
 
分子力学 利用不可
半経験的分子軌道法 利用不可
Hartree-Fock
密度汎関数法, Møller-Plesset,
高度な電子相関
(iii)

Subject to

Spartan'02構造が束縛された状態、あるいは凍結された原子がある状態でも計算を実行することができます。さらにSpartan'02はsymmetryコマンドをいつでも利用することができます。


If checked, Constraintsをチェックすると、以前に設定した距離、角度および二面角の束縛を、平衡構造計算、遷移状態構造の最適化、配座探索およびエネルギープロファイル計算中に使用することが出来ます。一点エネルギー計算では使用することはできません。構造パラメーターの束縛についてはChapter 12参照してください。構造の束縛が以前に設定された場合(その場所は強調されています)のみConstraintsを使用することが出来ます。デフォルトではConstraintsは未チェックです。