Spartan
Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
Table of Contents
SECTION I
  Chapter 1
SECTION II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
SECTION III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
APPENDIX A
APPENDIX B
APPENDIX C
APPENDIX D
APPENDIX E
Index
Chapter 14 - Setupメニュー(The Setup Menu)
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
 
 

Vibrational Modes

これをチェックすると、振動数と基準振動モードを出力させます。振動数を計算する必要でがあります。If checked, writes vibrational frequencies and normal modes to the output. Requires that vibrational frequencies have been calculated.

Atomic Charges

これをチェックするとMulliken、NBOおよび(もし使用できるのであれば)静電電荷を出力に出します。

(viii)

Options

特別な計算方法、あるいは計算に対する詳細な設定はOptionsの右のボックスにキーワードを入力することによって行うことができます。キーワードは単一の言葉か記号のどちらかです。keyword=Nは整数を意味します。また、keyword=Fは実数を意味します。Appendix Cでは一般に用いられキーワードのリストが与えられています。

(ix)

Converge

これをチェックすると、収束を助けるための機能が働きます。一般的にConvergeを使用すると計算時間が増加します。また、この機能は収束しにくい場合に対してのみ使用するのがよいでしょう。Convergeは分子力学計算では使うことは出来ません。デフォルトではConvergeは未チェックです。

(x)

Apply Globally

これをチェックするとCalculationsダイアログで設定した内容をリストにある全ての分子に適用できることを示しています。選択した分子がリストになかったら無視されます。デフォルトではApply Globallyはチェックされています。